「こうでなくてはならない」からの離れ方

「こうでなくてはならない」からの離れ方

突然ですが、ポカリのCMといえば誰を思い出します? 私は断然、一色紗英さん。本当にかわいかった! そんな彼女、今もとっても素敵で、 archiというブランドをつくり、お母さんでもあるそうで。 ナチュラルに、自分らしく気持ちよく生活している。 でも最初からそういう生き方が出来た訳ではなく。 誰にでも、「こうでなくてはならない」という決めつけで 色々なことを選択していることってあると思うんです。無意識に。 そんな時、きれいな景色を見たり、違う価値観をもった人と出会ったり、 いつもと違う環境に身をおくと、「こうでなくてはならない」から大なり小なり解放される気がします。 それが例えば旅であったり、方法は人それぞれだと思うのですが。 たとえ小さくてもそんな時間をたくさん持てると、より心地よい生き方ができるのかも。 Kompasは、デンマークという日常から離れた場所で行うツアー。 環境を変えてみることで、正直な自分に出会えるかもしれません。

「人生という1本のラインの上に。」〈INTERVIEW〉archiディレクター 一色紗英さん(前編)