いままでに開催したツアーの様子をご紹介します。
※2018年の開催の模様です。2019年のツアーでは変更の可能性があります。

一日目

到着~学校のツアー

 

コペンハーゲンから移動して学校に到着後、部屋にチェックインしてから、まずはみんなで夕ごはんをいただきます。 その後は学校の中を案内してもらうツアーに出かけます。 今回の案内人は元ブランヴィオの生徒でもあり、今は学校の事務室で働いているリネットさん。学校で分からないことがあったり困ったことがあれば、事務室にいる人たちに相談すれば何でも快く対応してくれます。 学校の中は予想以上に広く、体育館や談話室など楽しくリラックスして過ごせる場所が多いため、滞在中も自由に過ごせます。 見学した後はベースキャンプとなる場所でアイスブレイクとなるちょっとしたゲームやワークをしました。

 

二日目

行動する勇気とは?

 

まずはみんなでサークルになって座り、目の高さを合わせ、リラックスしてチェックイン。デンマークで初めて出会った参加者ばかりなので、「安心と安全」の関係性を参加者内でつくります。 そして「行動する勇気」とは何かを言葉で学びながら、自分の体験をシェアすることで何が自分にとって行動することを止めていたのか気づきをもらいます。 また、自分にとっての「Comfort zone」,「Learning zone」,「Panic zone」はどういう時かを身体を使って体験し、シェアします。同じことをしていても人と感じるzoneが違うので、ここでも新たな気づきがあります。 心地よい気持ちでスモールステップを踏むことで、成長することを知ります。

 

三日目

「フリンチ」「モチベーション」

 

スケートボードを使って「フリンチ」と向き合います。「フリンチ」とは自分の中にある恐怖や不安などから生まれる反応のこと(防衛本能)。身体への出方や感じ方はみんなそれぞれ違うけれど、必ず誰しもがもっているもの。それをスケートボードで体感します。 そして、「あなたにとってのモチベーションとは何か?」を語り合います。まずはレゴを使って形やイメージをつくってみます。また、今自分が仕事においてどんな状況にあるかを身体を動かして向き合います。 午後は、身体の意識に集中して、感覚を研ぎ澄ませるワークをします。味覚に集中して、レーズンの味をいつもよりじっくり楽しんだり、踊って足や手の感覚に集中してみたり。 夜はみんなでお酒を飲んだりとリラックスタイム。

 

四日目

「フラストレーション」「ネイチャークエスト」

 

朝の集会に参加し、伝統的な歌集を片手にみんなで歌を歌います。 午前のワークは、「何があなたをイライラさせるか?」をとことん考え、そこからそれを解消するための夢を語ります。そして、考えた夢に対して必ず何か小さなアクションを起こします。怒りの中に大切にしたいことや、原動力があることに気付きます。 その後はみんなで森の中を散歩しながら、ゆっくり自分について考えたり、自分と対話したり。森の中でチームで秘密基地を作ったりと子供心に戻れる時間でした。 学校に戻ってから、焚き火を使って夕食をみんなで作りました。火起こしチームと食材準備チームに分かれ、それぞれの役割を助けあいながら準備します。焚き火に囲まれながらお酒を飲んだり、ギターを弾く人もいたり。 この日はそのまま外のシェルターで寝ても良い日だったので、星空の下で寝ることができました。

 

五日目

「フリンチ」を乗り越える!「2年後の同窓会」

 

「フリンチ」を乗り越える方法について考えます。そして、「フリンチ」にあえてチャレンジしてみます。自分にとって少しだけハードルの高いものに、その場で行動します。学校内の誰かに話しかけてみる人や、英語でスピーチをする人、自分の好きなことをみんなの前で披露してみる人など、それぞれの勇気の形でチャレンジしました。 また、未来を考えるワークとして「2年後の今日、このチームで同窓会をしている」場面を想像して、インタビューをし合います。さまざまな未来の質問に答えていくことで、自分がどんな自分でありたいかや、自分でも知らなかった夢に気付いた人もいました。 そして夜は学校の生徒と交流したり、ピアノの音楽に合わせてゆっくりしたりとそれぞれのHygee(ヒュッゲ)な時間を楽しみました。

 

六日目

「未来のプラン」「パーティー!」

 

「なぜ変化を続ける必要があるのか?変わりたいのか?」の問いについて、それぞれの考えをシェアします。それにより「なぜ、わざわざがんばるのか」への理解が深まります。その後は、自分の未来のプランをスモールステップを踏まえて考えます。やりたいことを明確にするために、やりたいことリスト100を作る、自分の作りたい本を作る、など自分だけの目標や夢を掲げることができたりと、今回の旅で感じた自分の想いのまとめとなる時間となりました。 そしてその後は卒業パーティー!みんなで飾り付けやプログラムを考えて、この旅での写真を流しながら振り返りをしたり、歌を歌ったり。この旅を一緒に過ごして来たからこそ築けた信頼関係のある仲間との、かけがえのないひと時を過ごして旅を締めくくりました。

>>参加者の声はこちら

Kompas 申し込みフォーム

※クリックすると、HISの申込フォーム(外部サイト)が開きます。